私の運動経験とあがり症の関係(1)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

前回まで、有酸素運動の
驚異的な効果についてお話ししてきました。

 

今までお話ししてきたように、
有酸素運動は、脳内伝達物質のレベルで、
驚くほどあがり症に効果があります。

 

今回は、実際に、
私の運動経験とあがり症の関係について、
お話していきたいと思います。

 

 

 

私があがり症だと気づいたのは、
中学生の頃でした。

 

今思えば、SADの症状が、
ほとんどあてはまっていましたね…。

 

誰にも相談できず、
本当に辛い毎日だったのを今でも覚えています。

 

そんな中、不登校にならなかったのは、
バスケ部に入っていて、
日常的に運動する習慣があったからかもしれません。

 

 

 

高校に進学し、
私は部活には入りませんでした。

 

しかし、毎日学校まで、
往復40分間の自転車通学があったのです。

 

自転車は有酸素運動の代表的な運動ですね。

 

あがり症には毎日悩まされ続けていましたが、
何とか高校には毎日行くことができました。

 

 

 

大学に入学し、私は決心します。

 

あがり症に正面から向き合うために、
心理学を始め、あがり症改善に必要な
様々なことを学び始めました。

 

そのきっかけは、こうです。

 

私は理系の大学生だったため、
4年生になると卒業論文の発表があります。

 

大学に入学して早々、
私は卒業論文発表の機会に耐えられないだろう、
つまりその発表を欠席してしまい、
大学を卒業できないのではないかと思ったからです。

 

今思うと、大学入学直後に、
3年後の論文発表のことを心配するというのは、
どうなのでしょう?(^_^;)

 

でも、そのぐらい、
私にとってあがり症は深刻な悩みでした。

 

 

 

次回に続きます。

* RSS FEED