SAD以外の不安障害とは?(2)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです

 

 

 

今回は、SAD以外の不安障害(後編)について
お話ししたいと思います。

 

 

 

<全般性不安障害>

 

はっきりとした理由がわからないまま、
慢性的な不安が続く状態です。

 

イライラしたり、集中力にかけたり、
頭痛、動悸、不眠などの身体症状が
現れることもあります。

 

 

 

<恐怖症>

 

社会的場面を怖れるSADは、
恐怖症の一つです。

 

他にも、
特定のもの(ヘビ、クモ、先の尖ったもの)や
特定の場所(高所、閉所)を
過剰に恐れる「特定恐怖」や、
逃げられない状況を異常に恐れる
「広場恐怖」があります。

 

 

 

<ストレス障害>

 

激しいショックを受けたあとに生じます。

 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、
そのショックが突然よみがえる追体験
(フラッシュバック)などで、
苦しみ続ける状態です。

 

 

 

このように、SADはそのままにしておくと、
他の心の病気を併発するリスクがあります。

 

重傷化を防ぐためにも、
早めの対処が重要なのです。

 

 

 

あがり症改善プログラム

 

 

 

* RSS FEED