生い立ち

 

gold_bar

児島弘樹02 こんにちは。 

 

 あがり症専門心理カウンセラー®
  &
 ヒプノセラピー インストラクターの
 児島弘樹です。

 

 

私が「あがり症」だと自覚したのは、中学2年生のことでした。

 

学校で発表の授業があることがわかると、途端に、憂鬱な気分になりました。

 

1週間前から、不安と緊張で食べ物が喉を通らなくなり、

3日前から、夜も眠れなくなりました。

 

発表当日は、発表前からげっそりやつれている状態に…。

 

なんとか発表するも、自分ではないような感覚があり、
発表時の記憶が全くありませんでした。

 

そして、翌日、私は筋肉痛になったのです。

 

緊張すると体に力が入りますが、
私の場合、体中にあまりにも力が入る状態が続いた結果、
全身が筋肉痛になってしまったのでした。

 

 

これではいけないと思い、

本屋へ行き、スピーチやプレゼンの本を片っ端から読みました。

 

そして、スピーチやプレゼンの知識を誰よりも身につけたのです。

 

その後、再び発表の機会があり、
今まで学んだことを発揮するいい機会だと思いました。

 

しかし、人前に出た瞬間、頭が真っ白になり、
学んだことを、何一つ発揮することができませんでした。

 

スピーチやプレゼンの知識に関しては、誰よりも詳しいはずなのに…。

 

本当にショックな出来事でした。

 

しかし、その時、気づいたのです。

 

「あがり症は、自分の心が引き起こしている現象だ。
 それなら、心理学を学ぶ必要がある」

 

 

それから、心理学や心理療法を独学で勉強し始めました。 

 

そして、「催眠」に興味を持ち始めます。

 

スピーチやプレゼンというのは、頭ではわかっているのに、

人前に出ると、心や身体が思うように動かなくなってしまう状態です。

 

「催眠」を使えば、この状態を改善できると考えたのです。

 

 

そして、中学3年生の時、「自律訓練法」にであいます。

「自律訓練法」は、
ドイツの精神科医シュルツが考案した、
「催眠」のエッセンスを凝縮した自己リラクセーション・自己暗示法です。

 

私は、当時、少なくとも5年間毎日、この「自律訓練法」を行いました。

 

今、振り返れば、間違って行っていた部分があり、
自分の「あがり症」には、直接的な効果がありませんでした。

 

しかし、「自律訓練法」は、能力開発の側面もあり、

浪人をしたものの、なんとか志望大学に合格することができました。

 

 

大学では、物理学を専攻しました。

 

それと同時に、民間団体で心理学を本格的に勉強し始め、
在学中に、心理カウンセラーの資格を取得します。

 

ヒプノセラピー(催眠療法)に関しても、本格的に研究を始め、
学べるところがあれば、様々なところに出かけました。

 

時には、海外まで学びに行ったこともありました。

 

そうして、自分の中で、ヒプノセラピーを体系化していったのです。

 

 

大学卒業後は、リクルートグループに就職。

 

システムエンジニアと営業職に従事しました。

 

 

そして、2011年、スピーチの全国大会で
準優勝してしまったのです。

 

人生の大半をあがり症で悩んできた私にとって、信じられない出来事でした。

 

誰よりも一番驚いたのは、私自身でした。 

 

 

 

 

その後、社会に目を向けたときに、
あがり症で悩んでいる方が、とても多いことがわかりました。

 

現在、あがり症は、現代医学において、
「SAD(Social Anxiety Disorder:社会不安障害・社交不安障害)」という名前で、
病気として扱われています。

 

この「SAD」は、生涯罹患率が7〜8人に1人というデータがあるぐらい、
悩んでいる方が非常に多い症状なのです。

 

 

そこで、自分の知識や経験が活かせるのではないかと考え、
私は「あがり症専門の心理カウンセラー」として独立をしました。

 

あがり症は、人生を制限してしまう症状です。

 

それは、社会的な損失だと私は考えています。

 

あがり症は、他に何か精神疾患がない限り、
適切なアプローチを取ることによって、改善が可能です。

 

Happy-Hypno.jpの受講生も、900名を突破しました。

 

あがり症で悩んでいる方が一人でも少なくなり、
自分本来の人生を生きられるようになってほしい。

 

そんな思いで、日々、活動をしています。

 

 

 

プロフィール

 

 

自ら極度のあがり症を克服した経験を持つpic_15
「あがり症専門心理カウンセラー®」。

 

様々な心理療法に精通した心理カウンセラーでありながら、
スピーチやプレゼンテーションの知識や経験も豊富で、
スピーチの全国大会で準優勝した実績を持つ。

 

あがり症専門の話し方教室®「Happy-Hypno.jp」では、

「ヒプノセラピー(催眠療法)」や「認知行動療法」など
様々な心理療法を併用しながら、
スピーチ・プレゼントレーニングを行うという独自のアプローチを取っている。

 

国内外の主要なヒプノセラピー3団体

・JBCH(日本臨床ヒプノセラピスト協会)
・NGH(米国催眠士協会)

・IHF(国際催眠連盟)

のインストラクター資格を所持し、
ヒプノセラピーの適切な普及にも力を入れている。
(※JBCHは、アドバンスト・インストラクター資格を所持)

 

また、運動やトレーニングの観点から心身を改善・向上させていく
「運動療法」にも関心が高く、フィットネスのパーソナルトレーナーの資格も所持

 

そのため、栄養学やトレーニング法にも精通しており、

日々、心身向上のためのホリスティックなアプローチを研究している。

 

 

資格・実績など

 あがり症専門の話し方教室 ®「Happy-Hypno.jp」 代表 

 あがり症専門心理カウンセラー®

 慶應義塾大学 理工学部 卒 

 日本メンタルヘルス協会公認 基礎心理カウンセラー

 日本催眠学会(※日本学術会議所属学会)会員

 日本臨床ヒプノセラピスト協会(JBCH)認定

    アドバンスト・インストラクター

 米国催眠士協会(NGH)認定 インストラクター

 国際催眠連盟(IHF)認定 インストラクター

 国際催眠連盟(IHF)認定 Medical Hypnotherapy Specialist

  (医療的催眠療法の最高峰の資格!)

 日本ホリスティックアカデミー(JHA)認定
   年齢退行療法 プロフェッショナルコース 修了

 日本ホリスティックアカデミー(JHA)認定
   前世療法 プロフェッショナルコース 修了

 日本ホリスティックアカデミー(JHA)認定
   エリクソン催眠 プロフェッショナルコース 修了

 ワイス・インスティテュート認定
   前世療法ワークショップ 修了

 アルケミー催眠協会(AIH)認定
   上級ソマティックヒーリング 修了

 NESTA PFT
  (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
   パーソナルフィットネストレーナー)

 Toastmasters International

   2011秋季全国大会・日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

 

    20180130_JBCH_Certified Adbanced Instructor    20180130_NGH_Certified_Instructor

 

    20160411_IHF認定インストラクター    20151105_IHF_Medical_Hypnotherapy_specialist  

 

    20161220_JHA_年齢退行療法プロコース    20161206_JHA_前世療法プロコース 

 

    20160919_エリクソン催眠認定証 

 

    20180414_PastLifeRegressionTherapy_TheWeissInstitute    20171022_上級ソマティックヒーリング修了書

 

    20061111_日本メンタルヘルス協会_基礎心理カウンセラー     20170624_NESTA PFT認定証

 

 

 

ワイス博士との写真

「前世療法」の世界的な権威、Brian Weiss博士との写真

 

 

Dr.feldman

国際催眠連盟(IHF)のメディカル&デンタル部門のチェアマン、
Jaime Feldman博士との写真

 

 

DSC02092 のコピー

アルケミー催眠協会(AIH)のDavid Quigley氏との写真 

 

 

※Toastmasters International とは、

パブリックスピーキング・コミュニケーションとリーダーシップの養成を目的とする

国際的な非営利教育団体です。

アメリカ発祥で、約 90 年の歴史があります。

現在、日本を含む 126 カ国以上で 31 万人以上のトーストマスターズ会員が、

14,000 以上のクラブに所属しています。

 

教材・講座一覧

 

 

・あがり症改善プログラム
 ⇒メンタル・スキル両側面から改善をしていく通信教育プログラム

 

・あがり症改善1Dayセミナー

 ⇒あがり症専門の話し方教室®の1日お試しセミナー

 

・あがり症専門の話し方教室®「あがり症克服講座」

 ⇒ヒプノセラピーと認知行動療法を併用しながら、
  スピーチやプレゼンのトレーニングを行う3ヶ月間の講座

 

・自律訓練法ワークショップ

 ⇒催眠のエッセンスを凝縮!
  ドイツの精神科医シュルツが考案した、
  自己リラクセーション&自己暗示法

 

・ヒプノセラピー基礎講座
 ⇒スクリプトを読むだけで、
  あなたもヒプノセラピーができるようになる!
  脳科学の視点から、催眠を追究する2日間の講座

 

 

※現在、ヒプノセラピーの個人セッションは「紹介制」とさせていただいています。
 ご了承ください。

 

 

最新情報をお届けします

 

 

*メールアドレス
*お名前(姓のみ)
あがり症で辛いことはどんなことですか?(任意)

 

 

※携帯電話のメールアドレスは、メールが届かないことがあります。

できる限り、PCのメールアドレスをご入力ください。

 

 

 

 

※「あがり症専門心理カウンセラー」「あがり症専門の話し方教室」は、登録商標です

 

Copyright © Happy-Hypno.jp . All rights reserved.