エリクソンの逸話(1)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

今日は、天才催眠療法士
ミルトン・エリクソンの逸話について
お話ししたいと思います。

 

 

 

ある日、3か月後に自殺することを決めていた女性が、
エリクソンのもとを訪ねてきました。

 

訪ねてきた理由は、自殺を止めて欲しいからではなく、
変わった人がいると風の便りで聞いたからです。

 

彼女の容姿・身なりは、それはひどいものでした。

 

来ている服はボロボロ、髪の毛はボサボサ。

 

それはわざとやっているのではないかと思うぐらい、
ひどいものだったそうです。

 

そして、彼女の歯は、歯と歯の間があいている
「すきっ歯」でした。

 

 

 

彼女は言いました。

 

「人生に興味がない。

 

 子供が生まれれば興味が持てるようになるかもしれないが、
 今まで一度も男性と付き合ったことがない。

 

 それに私は醜いので、そもそも結婚できるはずがない。

 
 生きている理由がないので死にます」

 

 

 

エリクソンは言いました。

 

「どうせ死ぬなら、貯金を全部使ってみたらどうだろう?

 
 高いきれいな服や靴を買って、美容院へ行って、
 思いっきり無駄づかいをしましょう」

 

彼女はどうせ死ぬのだからと同意し、
翌週、きれいになってエリクソンの前に現れました。

 

 

 

次回に続きます。

 

 

コメント

    トラックバック

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    コメントフィード

    トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=504

    * RSS FEED