米国医師会に催眠療法を認めさせたエリクソン

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

ポリオから回復し、
医者となることを決意したエリクソン。

 

その後の彼の人生について、
お話しします。

 

 

 

彼は、大学2年生の時、
心理学者クラーク・ハルの
催眠のデモンストレーションを見る機会がありました。

 

それをきっかけに、エリクソンは、
催眠に興味を抱き、研究を始めます。

 

この頃、1年間に数百人に催眠をかけて、
さまざまな催眠実験を行いました。

 

その後、医学博士と心理学修士を取得。

 

その後、精神科医として、
いくつかの精神病院で勤務をしました。

 

 

 

彼の催眠の手法は、
それまでの伝統的・権威主義的な催眠と違い、
非常に柔軟な手法を取りました。

 

そのため、たった1、2回のセッションで
問題を解決してしまうこともありました。

(一方で、長期間に渡ることもあり、
彼が最も成功したセッションは、
あるクライアントとの200回目のセッション
だとエリクソンは言っています)

 

 

 

1950年代に入り、エリクソンは
医師免許を剥奪されそうになりました。

 

それは、アメリカの医師会が
催眠療法を危険視したためです。

 

そこでエリクソンは啓蒙キャンペーンを行い、
1958年に遂に、
アメリカの医師会が催眠療法を
治療の一環として認めるに至りました。

 

彼こそ、アメリカの医学会に
催眠療法を受け入れさせることに尽力した一人なのです。

 

 

 

次回は、彼の逸話を紹介したいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=501

* RSS FEED