第34回「日本催眠学会」学術大会

IMG_7595

 

 

 

2年ぶりに、
「日本催眠学会」の学術大会に参加しました。

 

今年のテーマは「死をめぐる催眠」。

 

改めて認識したことは、
「人は誰でも死ぬ」 ということでした。

 

 

正直なところ、
私は自分の「死」を、
まだまだ先のことだと思っていますし、
現代社会でも「死」を、
タブー視する風潮があると思います。

 

西洋医学でも、
「死=敗北」と捉えることが
多いのではないでしょうか。

 

しかし、至極、当たり前のことですが、
「人は、いつか誰でも死ぬ」のです。

 

病で余命宣告を受けたとき、
それを受け入れることは、
通常は、誰にとっても難しいことでしょう。

 

ですが、
ヒプノセラピー(催眠療法)には、
様々な技法があります。  

 

それらヒプノセラピーの技法を
組み合わせることによって、
実際に、死生観が変容し、
死を受け入れられるようになったという事例発表が、
多数ありました。  

 

そして、死を受容すると生きることに目が向き、
結果的に、寿命が長くなるのだそうです。  

 

ホスピスなどの終末期医療に、
長年、真摯に取り組んでいる医師の方と
直接話す機会もあり、
こちらも、身の引き締まる思いでした。    

 

 

他にも、 不妊症の患者さんに対して、
ヒプノセラピーを行うことで妊娠に至った事例など、
ヒプノセラピーの可能性を、
改めて感じた学術大会でした。  

 

日本では、まだまだ誤解の多い心理療法ですが、
地道に活動し、普及の一助になりたいと考えています。^^

 

 

 

 

 

 

FullSizeRender 28


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=1629

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    ・あがり症専門の話し方教室®
     「Happy-Hypno.jp」代表
    ・あがり症専門心理カウンセラー®
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

     詳しくはこちら
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2018年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 月別