聴衆の視線が怖い!「2.視線恐怖」とは?

こんにちは。
あがり症専門心理カウンセラー(R)の児島弘樹です。

 

先日、開設したYouTubeチャンネル、
「あがり症専門の話し方教室(R)」。

既に、登録者数が100人を超え、
最初の映像は、再生回数「15,000回」を超えました。

 

今回は、あがり症の症状でも、
悩んでいる方が非常に多い「視線恐怖」についてです。

「視線恐怖」とは、一体何か?

後半では、VRを含め、
テクノロジーの進歩で「アイコンタクト」はどう変化していくのか?
についてもお話しています。

詳しくは、下記ダイジェストを掲載しますので、
ぜひ、ご覧ください。

 

<「視線恐怖」ダイジェスト>
・「○○.○%」ものあがり症の方たちが悩んでいる「視線恐怖」
・「視線恐怖」とは、一体何か?
・どのような状況で「視線恐怖」が起こるのか?
・「視線恐怖」によって、どのようなことが起きてしまうのか?
・日本人に特に多い「視線恐怖」、その文化的な背景とは?
・できないと「信用されない」「嘘をついているのでないか」と誤解されかねない「○○○○○○」
・人前で話すときには、一体どのぐらい視線を合わせればいいのか?
・「聴衆をじゃがいもと思え」は正しいのか?
・新型コロナウイルスの流行に伴い登場した、新たな「アイコンタクト」のスキルとは?
・テクノロジーの進歩で「アイコンタクト」はどう変化していくのか?
・「視線恐怖」の解決策とは?

 

 

・聴衆の視線が怖い!「2.視線恐怖」とは? - YouTube

 

今後、あがり症の「10の症状」について、
随時、映像を公開していく予定です。

 

あがり症について、正しい知識を学びたい、
あがり症を克服したいという方は、
ぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いします。

 

・あがり症専門の話し方教室 - YouTube
http://www.youtube.com/channel/UCVVa_ldnDrnp2ldFVfgc0yw?sub_confirmation=1

* RSS FEED