エリクソンの逸話(2)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

今日は、前回からお話ししている
ミルトン・エリクソンの逸話の後編となります。

 

 

 

自殺を決意していた
身なりがボロボロですきっ歯の女性は、
前回エリクソンの提案を受け入れ、
きれいな身なりになってエリクソンの前に現れました。

 

そして、こう言いました。

 

「たくさんお金を使って楽しかったです。

 

どうせ死ぬんだから、もっと悪いことはないかしら?」

 

エリクソンは言いました。

 

「水を口に含んで、
 そのすきっ歯から物に当てる練習をしたらどうでしょう?」

 

「なんて悪いことだろう!」と、
彼女はその提案を受け入れました。

 

 

 

その後、彼女が職場で休憩しているとき、
彼女の気を引こうとする男性が現れました。

 

そのことをエリクソンに話すと、
彼はこう言いました。

 

「すきっ歯から水を出して、物に当てる練習をしていましたよね?

 

 その男性に、その水を当ててしまいなさい」

 

後日、彼女はその男性に、
すきっ歯から水を浴びさせました。

 

すると、彼は水鉄砲で応戦してきたのです。

 

 

 

そして、数か月後、二人は結婚して、
子供が生まれました。

 

彼女は自殺すること無く、幸せに暮らしたとのことです。

 

 

 

このように、エリクソンの手法は、
「ユーティライゼーション(利用できる物はなんでも利用する)」
と呼ばれ、臨機応変・変化自在なものでした。

 

そのことから、彼は「魔術師」とも呼ばれました。

 

 


  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    ・あがり症専門の話し方教室®
     「Happy-Hypno.jp」代表
    ・あがり症専門心理カウンセラー®
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

     詳しくはこちら
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2013年6月
    « 5月   7月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 月別