あがり症・SADの発症年齢とは?

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

今回は、あがり症・SADの発症年齢について、
お話ししたいと思います。

 

SADは、比較的低年齢で発症することが知られています。

 

発症年齢には、次の2つのピークがあるようです。

 

 

 

1.10代〜20代

 

10代は、思春期を迎え、
自意識が強くなってくる時期です。

 

学校生活で、授業中にあてられ、
クラスメートの前で、何か失敗した経験等が
引き金になることが多いようです。

 

20代は、社会人になり、
新たな環境に直面する時期です。

 

会社によっては、朝会や朝礼で、
3分間スピーチ等あるかもしれませんね。

 

 

 

2.30代〜40代

 

組織内で徐々にポジションが上がり、
人前で話す機会が増えてくる時期です。

 

会社内外で話す機会が増えるのももちろんですが、
結婚式のスピーチをきっかけに、
SADやあがり症を発症する方も多いようです。

 

 

 

これらは、もちろん傾向ですので、
それ以外の年齢で発症することもあります。

 

私のクライアントさんには、
60代を過ぎてから、
あがり症を発症したという方もいらっしゃいます。

 

あがり症やSADは、
発症しても誰にも相談できずに、
長い間一人で我慢し続けてしまう方が多いようです。

 

 

 

あがり症やSADは、正しいトレーニングをすれば、
必ずよくなります。

 

あなたもあがり症やSADから解放され、
自由な人生を始めてみませんか?

* RSS FEED