ヒプノセラピーの効果とは?(2)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

前回は、ヒプノセラピーの1つ目の効果を
お話ししました。

 

今回は、2つ目の効果について、
お話ししたいと思います。

 

 

 

2.潜在能力を引き出す

 

ヒプノセラピーの「暗示療法」は、
催眠状態に誘導し、
暗示のメッセージを入れます。

 

催眠状態とは、
潜在意識と顕在意識が繋がった状態で、
潜在意識の方が優勢になっている状態であると
お話ししました。

 

その結果、催眠状態では、潜在意識に
直接メッセージを入れることができます。

 

つまり、潜在意識に直接働きかけ、
根本的な変化を起こすことができるのです。

 

 

 

例えば、
「頭ではわかっているのに、なぜかできない」
ということはありませんか?

 

「ダイエット」なども、そうかもしれませんね。

 

痩せたい、痩せればいいことがあるのはわかっている。
でも、食べてしまう…。

 

「痩せたい」と思っているのは、顕在意識の部分です。

 

通常の覚醒状態では、その望みが潜在意識に届かないので、
95%の潜在意識の力を使うことができません。

 

しかし、ヒプノセラピーでは、
95%の潜在意識に直接働きかけ、
この力を使うことができます。

 

 

 

あがり症も同じです。

 

落ち着いて話せばいいのはわかっている。

 

でも、どんなに頭でわかっていても、
あがってしまうのですよね。(^_^;)

 

 

 

そこで、【あがり症改善プログラム】は、
この「暗示療法」を使っています。

 

約15分間のヒプノセラピーの誘導音声を提供しており、
あがり症を改善する暗示メッセージが入っています。

 

そのため、ダイレクトに潜在意識にメッセージが届き、
根本的な変化を起こすことができます。^^

* RSS FEED