メタファーの達人でもあったエリクソン

Milton-Erickson

ミルトン・エリクソン

 

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

今回も引き続き、
エリクソンのエピソードについて
お話ししたいと思います。

 

エリクソンは、
メタファーの達人でもありました。

 

 

 

ある時、エリクソンのもとに、
おねしょに悩む少年がやってきました。

 

彼は、おねしょの話題には一切触れず、
野球の話をし始めたそうです。

 

エリクソンは、こう言いました。

 

「ボールを投げる時のことを思い出してごらん。

 

 ボールを投げる時、きちんと力が入っているよね。

 

 グローブでボールをキャッチするときもそうだ。

 

 思ったところにボールを投げられたり、
 うまくキャッチできるということは、
 筋肉をバランスよくコントロールできているということだよ」

 

 

 

彼はこのメタファーを通して、
尿をコントロールする筋肉を使えるようになれば、
おねしょは治るということを伝えたのです。

 

その少年は、その後、
一度もおねしょをしなくなったそうです。

 

 

 

メタファーとは、
たとえ話や物語を話すことによって、
相手に暗示的メッセージを与えるスキルです。

 

顕在意識では気づかない、
潜在意識に働きかけることができます。

 

つまり、深い意識レベルがメッセージを拾えばいいわけで、
表面意識レベルでは、
いったいこの話は何の関係があるのだと思っても構いません。

 

エリクソンは、「詩人」と呼ばれるほど、
メタファーの達人だったのです。

 

 

 

P.S.

あがり症改善プログラムに収録されている、
ヒプノセラピーの音声にも、
このメタファーが使われています。

 

潜在意識に直接働きかけ、
あがり症を改善したい方は、
こちらをご覧ください。

 

 

 

あがり症改善プログラム
 


コメント

トラックバック

  • […] エリクソンの逸話(1) エリクソンの逸話(2) メタファーの達人でもあったエリクソン 『前世療法』を広めたブライアン・ワイス博士(1) […]

    2013年7月2日 09:03 | 【目次】ヒプノセラピー(催眠療法)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=511

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    ・あがり症専門の話し方教室®
     「Happy-Hypno.jp」代表
    ・あがり症専門心理カウンセラー®
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

     詳しくはこちら
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別