エミール・クーエの自己暗示法(2)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

今回は、自己暗示法で有名な
エミール・クーエの後半になります。

 

 

 

クーエは、偽薬(プラセボ)でも効果が出たことから、
薬の効果には薬の成分の他に、
「必ず治るという思い」が働くのではないかと考えました。

 

つまり、実際に催眠の効果を生んでいるのは、
催眠療法士が与える暗示ではなく、
クライアントの潜在意識であると気づいたのです。

 

そして、潜在意識にアクセスするために、
暗示の法則も開発しました。

 

潜在意識にアクセスするためには、
催眠状態だけでなく、
驚いた状態や反復することでも
アクセスできることがわかりました。

 

「目覚めているときの暗示」と彼が呼んだ
自己暗示の効用です。

 

(例えば、お母さんが子供にする
「痛いの痛いのとんでけ〜!」
がそうですね。^^)

 

その結果、自己暗示理論の結論として、
次の2つに至りました。

 

1.ある考えが精神を独占してしまった場合、
 その考えは実際に、
 肉体的もしくは精神状態となって現われる。

 

2.ある考えを意志の力でおさえようと努力すれば、
 その考えをますます強めてしまうだけである。

 

 

 

そして、次の有名なクーエの暗示文を開発したのです。

 

この暗示文は、現在でも十分に効果があります。

 

「毎日あらゆる面で、私はますますよくなっていく」
 “Day by day, in every way,
  I’m getting better and better.”

 

目覚めている時でも、この暗示文を何度も反復することで、
暗示の効果を発揮することができます。

 

紙に書いて、財布の中に入れておくのもいいでしょう。

 

 

 

次回は、催眠に関して、
少し違う角度から研究した精神科医をご紹介する予定です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=459

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    1日たった15分!?あがり症専門心理カウンセラー@Marty
    ・心理カウンセリング Happy-Hypno.jp代表
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別