薬品麻酔が認められるきっかけとなった出来事

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

前回、催眠による麻酔は、文化の違いから、
インドでは大きな効果を上げたにもかかわらず、
イギリスではあまり効果が表れなかった、
というお話をしました。

 

今回は、催眠という歴史からは少し余談になりますが、
薬品による麻酔が認められる
きっかけとなった出来事について
お話ししたいと思います。

 

 

 

薬品麻酔が発明され、実施されるようになったのは、
19世紀半ばのことでした。

 

前回、お話ししたように、
キリスト教圏であるイギリスでは、
「苦しみは人に与えられた尊い試練だ」という考えが、
麻酔の大きな抵抗となっていました。

 

ある出来事で、この考え方自体が覆ることになります。

 

 

 

それは、ビクトリア女王の
クロロフォルム麻酔を使って行った出産です。

 

この出産が、非常にスムーズに進んだ結果、
王室はこの新たな薬品を承認しました。

 

その結果、苦しみを賞賛していた教会も口をつぐみ、
なぜか突然、必要以上の苦しみは尊い行いでは
なくなってしまいました。

 

 

 

その後、この薬品麻酔が急速に普及し、
誰もがこの薬品麻酔を欲しがるようになりました。

 

その結果、麻酔の許容限度という知識なかった当時、
麻酔の過剰使用による死亡者が出始めるようになります。

 

それとともに、催眠による麻酔効果も忘れ去られ、
催眠は再び「怪しげな見せ物」へと逆戻りしてしまいます。

 

 

 

次回は、偉大な心理学者フロイトのお話です。

 

 


コメント

トラックバック

  • […] 催眠の技法を手術に応用した医師たち エスデール、母国での失敗… 薬品麻酔が認められるきっかけとなった出来事 フロイトの催眠と自由連想法 エミール・クーエの自己暗示法(1) […]

    2013年6月14日 23:06 | 【目次】ヒプノセラピー(催眠療法)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=448

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    1日たった15分!?あがり症専門心理カウンセラー@Marty
    ・心理カウンセリング Happy-Hypno.jp代表
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別