エスデール、母国での失敗…

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

前回、医師エスデールが、
インドで何千件もの催眠による無痛手術に成功した、
というお話をしました。

 

今回は、エスデールが母国イギリスに
帰国した後の話となります。

 

 

 

エスデールは、母国イギリスに帰国しました。

 

インドで磨いた無痛手術の技術を、
イギリスでも如何なく発揮しようしました。

 

しかし、なぜかイギリスでは、
インドと同じような無痛手術の効果が表れなかったのです。

 

 

 

これは、文化の違いに起因するものでした。

 

インドでは、瞑想の習慣が浸透しており、
精神世界に対する抵抗が少ない方が多かったのです。

 

その結果、インド人には催眠を受け入れる文化的な素地があり、
無痛手術に大きな効果を発揮していました。

 

 

 

一方、イギリスは、キリスト教文化圏です。

 

当時の教会は、
「苦しみは人に与えられた尊い試練だ」
と教えていました。

 

「苦しみは耐えてこそ美しいのだ」と。

 

そういった文化的な素地の結果、
無痛手術の効果がインドほど表れなかったのです。

 

 

 

エスデールの功績は、周りから認めらることなく、
失意のもと残りの人生を送りました。

 

次回は、薬品麻酔が認められるきっかけとなった
出来事についてお話しします。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=445

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    ・あがり症専門の話し方教室®
     「Happy-Hypno.jp」代表
    ・あがり症専門心理カウンセラー®
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

     詳しくはこちら
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別