催眠の技法を手術に応用した医師たち

James Esdaile

ジェームズ・エスデール(1808–1859)

 

 

 

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

前回は、ジェームズ・ブレイドの
催眠の歴史における重要な業績について
お話ししました。

 

今回は、この催眠の技法を手術に応用した医師について
お話ししたいと思います。

 

 

 

メスメリズム提唱後、メスメリズムによって
無感覚や無痛などの現象を起こせることが発見されました。

 

そして、その無感覚や無痛現象を
医療の応用に試み、無痛手術を行う医師たちが現れました。

 

つまり、催眠を「麻酔」として使ったのです。

 

当時の手術は、近代麻酔がまだ発展していなかったので、
手術の耐え難い痛みでショック死する患者がいるほど、
手術は危険なものだったのです。

 

 

 

その中で、顕著な実績を残した医師がいました。

 

イギリスの医師ジェームズ・エスデールです。

 

彼は、ブレイドの友人であり、医師仲間でもありました。

 

エスデールは、インドのカルカッタに派遣されていたとき、
催眠にる麻酔効果を外科手術に応用しました。

 

彼が行った無痛手術は、小さい手術だけでも数千件、
大きい手術では300件近くに達します。

 

彼は無痛分娩を成功させ、
さらに手足の切断にも成功しています。

 

当時、手術中の成功率は50%でしたが、
彼は無痛手術を行うことによって、
なんと「5%」まで下げることに成功しました。

 

 

 

彼はインドに滞在中の数年間、
催眠による麻酔技術に磨きをかけました。

 

イギリスに帰国した彼は、
母国でも同じ無痛手術を行おうとしたのですが…。

 

思いもよらない結果が待っていました。

 

次回に続きます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=440

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    ・あがり症専門の話し方教室®
     「Happy-Hypno.jp」代表
    ・あがり症専門心理カウンセラー®
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

     詳しくはこちら
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別