催眠って怪しい?

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

今日から、久しぶりに、
ヒプノセラピー(催眠療法)の記事を
書いていきたいと思います。

 

 

 

記事のタイトルですが、
催眠って怪しいと思いませんか?(^_^;)

 

私もヒプノセラピスト(催眠療法士)として活動していて、
「催眠」はまだまだ誤解されている点が多いと感じます。

 

「催眠」は「眠りを催す」と書きますが、
催眠状態は、そもそも眠っていないですからね。

 

とは言え、一方で「催眠」と聞いて怪しいと感じるのは
正常な反応なのではないかとも思うのです。

 

「催眠」という言葉には、
オカルト的な響きの魅力もあるのかもしれません。
(もちろん、オカルトでは全くないのですが…(^_^;))

 

 

 

例えば、「催眠療法」は漢字も語感も
「催眠商法」とよく似ていますよね。

 

漢字や語感は似ていますが、
この2つは全く違います。

 

似て非なるものです。

 

「催眠商法」は、消費者の購買意欲を煽って
必ずしも必要ではない製品を売り付ける販売方法です。

 

一方、「催眠療法(ヒプノセラピー)」は、
意図的に催眠状態を作り出し、
その状態の特性を利用して、
暗示やイメージで意識の変革や構築を行う方法です。

 

 

 

カール・ハル氏は、こう言っています。

 

「すべての学問は魔術と迷信から出発した。
 しかし、悪い風評をぬぐいさるのに
 一番時間がかかったのものは催眠である」

 

そこで、次回から、「催眠」というものが、
どのように発展し研究されていったのか
催眠の歴史についてお話していきたいと思います。

 

 


コメント

トラックバック

  • […] 催眠って怪しい? 有史以前から存在した催眠療法 王様が好んで使った催眠療法 近代催眠療法の始まり 催眠を最初に科学的に研究した医師 ジェームズ・ブレイドの重要な業績とは? […]

    2013年5月26日 23:38 | 【目次】ヒプノセラピー(催眠療法)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=402

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    ・あがり症専門の話し方教室®
     「Happy-Hypno.jp」代表
    ・あがり症専門心理カウンセラー®
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

     詳しくはこちら
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2019年6月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 月別