なぜ運動強度の目安は「心拍数」なのか?

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

最近、ずっと有酸素運動の記事を書いていて、
運動改善カウンセラーみたいになっていますね。(^_^;)

 

もちろん、有酸素運動が「あがり症改善」に
絶大な効果があるから書いています。^^

 

今日は、なぜ運動強度の目安が「心拍数」なのか、
についてお話ししたいと思います。

 

 

 

有酸素運動の運動強度を測る指標になりそうなものは、
いくつかあると思います。

 

例えば「1kmあたりの時間」です。

 

これが今までは一番メジャーだったと思います。

 

1kmごと測るのが大変だと思う方もいるかもしれませんが、
現在はスマートフォンのGPSログアプリ等を使えば、
自動的に計測してくれます。

 

ただ、この「1kmあたりの時間」にも
落とし穴があるのです。

 

 

 

例えば、そのルートに勾配があったらどうでしょう?

 

ずっと上り坂の1kmやずっと下り坂の1kmだったら、
明らかに運動強度が異なりますよね?

 

また、実際にしてみるとわかりますが、
気温によっても異なります。

 

真夏の運動と真冬の運動では、
同じ「1kmあたりの時間」で走っても、
運動強度が異なるのです。

 

さらに、その日のコンディションによっても異なります。

 

人間は、毎日同じコンディションではないからです。

 

 

 

そこで、一番信頼できる運動強度の指標が
「心拍数」となるわけです。

 

心拍数を基準にすれば、
どんな環境でも、
どんなルートでも、
同じ運動強度で運動することができます。

 

さらに心拍数を基準にすれば、
ジョギングやウォーキング以外のスポーツ
球技等でも運動強度を測ることができますね。

 

 

 

それでは、実際に、あがり症改善に必要な運動強度とは
どのぐらいの運動強度なのでしょうか?

 

次回に続きます。

 

 

コメント

    トラックバック

    • […] 私の運動経験とあがり症の関係(4) 運動強度の指標とは? なぜ運動強度の目安は「心拍数」なのか? あがり症改善に必要な運動強度とは? […]

      2013年5月25日 22:54 | 【目次】SAD(社交不安障害)・あがり症

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    コメントフィード

    トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=350

    * RSS FEED