有酸素運動の驚異的な効果(4)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

今日は、今までお話ししてきた
SADで用いられる薬と運動の関係の
まとめとなります。

 

 

 

SADで用いられる薬には、
口の渇き、多汗、めまい、
震え、勃起不全、吐き気などの副作用があります。

 

しかも、薬は永続的な改善を約束するものではありません。

 

一方、運動の副作用は、一時的な筋肉痛ぐらいです。

 

 

 

もちろん、運動と薬のどちらかを選んだ方がいい、
というわけではありません。

 

現在、薬を服用している場合は、
医師の指示に従ってください。

 

運動と併用していけば、薬の量も
だんだん少なくなっていくことでしょう。

 

私が言いたいことは、
運動は選択肢として差し出されたもうひとつの手段であり、
不安障害の人も、ときどき不安を感じるだけの人も、
自分で処方できるので非常に手軽だということです。

 

 

 

運動がすぐれているのは、
日常で感じる不安に対しても、病的な不安に対しても、
体と脳の両方に効果があるところです。

 

運動は自発的にすることなので、
そのストレスは予測できるし、

コントロールすることができます。

 

その点が心理上、非常に重要な意味をもっています。

 

なぜなら、自分を支配している
という感覚と自信が得られるからです。

 

 

 

次回は、私の運動とあがり症の関係についてお話ししたいと思います。

 

 


コメント

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=319

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    1日たった15分!?あがり症専門心理カウンセラー@Marty
    ・心理カウンセリング Happy-Hypno.jp代表
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 月別