有酸素運動の驚異的な効果(3)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

引き続き、有酸素運動が、
SADにどのように効果があるのかについて
お話ししたいと思います。

 

 

 

以前、お話ししたSADの治療に使われる3タイプの薬と
脳内伝達物質の関係を思い出してください。

 

1.β(ベータ)遮断薬⇒「ノルアドレナリン」
2.抗不安薬⇒「GABA(ガンマアミノ酪酸)」
3.SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
 ⇒「セロトニン」

 

 

 

前回は、「1.β遮断薬」にスポットを当てましたが、
今回は残りの2タイプと運動の関係にスポットを当てます。

 

まず、「2.抗不安薬」が働きかける
「GABA(ガンマアミノ酪酸)」です。

 

有酸素運動は、GABA分泌も
引き起こすことがわかっています。

 

つまり、不安を自ら引き起こそうとする脳の動きを
細胞レベルで食い止めることができます。

 

GABAは、脳で起きる強迫観念に駆られた
フィードバックの連鎖を断ち切ることができるのです。

 

 

 

最後に、「3.SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」が
働きかける「セロトニン」です。

 

有酸素運動をすると、
このセロトニンも増えることがわかっています。

 

(運動をして筋肉がはたらき始めると、
体は燃料を供給しようと
脂肪を分解して遊離脂肪酸を作り出します。

 

この遊離脂肪酸が血液中を移動する際に、
セロトニンの構成材料となるトリプトファンができます。
また、運動によって増えたBDNF(脳由来神経栄養因子)も、
セロトニンを増やします)

 

つまり、セロトニンが増えることで、
私たちを落ち着かせ、安心感を高めるのです。

 

 

 

以上のように、運動によって
SADの治療に使われる全3タイプと同じ効果が得られるのです。

 

このように、運動によって緊張を緩和できることを、
「運動の鎮静効果」と呼ばれています。

 

 

 

次回は、SADの薬と運動の関係のまとめとなります。

 

 


コメント

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=316

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    1日たった15分!?あがり症専門心理カウンセラー@Marty
    ・心理カウンセリング Happy-Hypno.jp代表
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 月別