SADと併発しやすい心の病気とは?

in a cold room I

 

 

 

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

近年、SAD(社交不安障害・社会不安障害)が
注目されるようになってきた理由の一つに、
他の心の病気との合併率の高さがあります。

 

アメリカの最近の研究では、
SADの方のほぼ半数に、
ほかの心の病気を併発している
報告されています。

 

そこで、今回は、
SADと併発しやすい心の病気について
お話ししたいと思います。

 

 

 

SADと併発しやすい心の病気とは、
大きくわけると、次の3つになります。

 

 

 

1.うつ病(不安うつ病)

 

SADと合併するうつ病は、
「不安うつ病」と言われ、
従来のうつ病とは少しタイプが異なります。

 

SADの方は、日頃から不安や緊張状態を強いられています。

 

慢性的な不安や恐怖が、脳機能の低下を引き起こし、
不安うつ病を発症させるのです。

 

症状としては、

 

・特に朝方に気分が悪くなる
・全身の倦怠感や食欲不振、体重減少
・自分自身に価値がないと感じる

 

などがあります。

 

SADから不安うつ病になることも、
不安うつ病からSADになることもありますが、
割合としては、前者の方が多いです。

 

 

 

2.アルコール依存症

 

SADは、他の心の病気と比較して、
アルコール依存症の併発率が2倍以上高い
というデータがあります。

 

慢性的な不安や緊張を和らげるため、
飲酒が常習化し、依存してしまう恐れが高いためです。

 

 

 

3.SAD以外の不安障害

 

強い不安や恐怖に襲われる病気を
「不安障害」と言います。

 

SADもその一つですが、
その他にも様々な種類があります。

 

SAD以外の不安障害については、
次回詳しくお話ししたいと思います。

 

 

photo by: Casey David

コメント

    トラックバック

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    コメントフィード

    トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=265

    * RSS FEED