あがり症との向き合い方(3)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 
前回は、協力してくれない副人格の
発生メカニズムについてお話ししました。

 

今回は、あがり症と向き合うときに、
そのような分離した副人格に対して、
してはいけないことをお話したいと思います。

 

 

 

あがり症と向き合うときにしてはいけないこととは、
ご自身のあがり症を嫌って責め立てることです。

 

あなたは、ご自身のあがり症のことを、
こんな風に思っていませんか?

 

 

 

「あがり症のせいで、人生台無しだ…」

 

「あがり症があるから、自分は〇〇ができないんだ…」

 

「あがり症さえなくなれば、
 自分の人生はこんなはずじゃないのに…」

 

 

 

それは、確かにあなた自身の本音かもしれません。

 

ただ、その副人格は、
以前に分離してしまっていて、
あなたのコアとなる人格にアクセスができないのです。

 

その副人格をたとえるなら、
「小さな赤ん坊が、狭く暗い場所でずっと泣いている」
ようなものです。

 

泣いている赤ん坊に対して、叱り飛ばしたら、
一体どうなるでしょうか?

 

その赤ん坊は、さらに泣き声が激しくなることでしょう。

 

 

 

あがり症も同じです。

 

ご自身のあがり症を嫌い、責め立てることは、
あがり症をさらにひどくしてしまう可能性があります。

 

ですから、ご自身のあがり症を嫌う、責め立てることは、
できるだけ避けましょう。

 

 

 

では、こういった副人格に対して、
どのように向き合えばいいのでしょうか。

 

次回に続きます。

 

 


コメント

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=248

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    ・あがり症専門の話し方教室®
     「Happy-Hypno.jp」代表
    ・あがり症専門心理カウンセラー®
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

     詳しくはこちら
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 月別