なぜSAD(社交不安障害・社会不安障害)が注目されているのか?

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

近年、SAD(社交不安障害・社会不安障害)が
大きく注目されています。

 

それはなぜでしょうか?

 

 

 

「あがり症」というのは、
以前は「性格」に由来するものであると思われていました。

 

しかし、研究の結果、
そんなに単純なものではないことがわかったのです。

 

 

 

SADは、放っておけばよくなるというものではありません。

 

むしろ、不安や恐怖を感じる場面が広がっていき、
鬱病やパニック障害、アルコール依存症などを
併発するおそれがあることがわかってきました。

 

 

 

それだけではありません。

 

最近、社会問題化している「ニート」や「ひきこもり」と、
SADの関連性があるという指摘もあります。

 

SADの潜在的な患者数の多さを考えると、
社会全体で対応する必要があるといえるでしょう。

 

 

 

次回からは、SADの具体的な症状について、
お話していきたいと思います。

コメント

    トラックバック

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    コメントフィード

    トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=23

    * RSS FEED