あがり症を改善する考え方(1)

こんにちは。

 

あがり症改善カウンセラーのMartyです。

 

 

 

前回まで、あがり症をひどくする考え方について、
お話ししました。

 

あがり症をひどくする考え方がある一方で、
「あがり症を改善する考え方」があります。

 

 

 

まずは、目の前に、
水がちょうど半分は行ったコップがあると、
想像してみてください。

 

 

 

 

水が半分入ったコップ

 

 

あなたは、そのコップを見て、
次の2つのうち、どちらの表現を使うでしょうか?

 

 

 

1.水が半分しかない
2.水が半分もある

 

 

 

これは、解釈の問題であるとお気づきでしょうか?

 

「水が半分入っている」という事実は一つですが、
それを見てどう思うかは、解釈の問題なのです。

 

このように、
「枠(フレーム)をはめ替えて、
 モチベーションの上がる解釈をすること」
を、心理学の言葉で「リフレーミング」と言います。

 

次回も、この「リフレーミング」についてお話しします。


コメント

  • 基本的に、いつもではありませんが、あがり症であると思います。

    リフレーミング等、勉強させていただきます。

    2013年5月15日 15:13 | 内田 浩二

  • >内田浩二さん

    初コメントありがとうございました。
    内田さんは、ご自分があがり症であると自覚されているのですね。

    リフレーミングは、知っているだけでも物事を多角的に捉えられるようになります。
    ぜひリフレーミングを日常生活で実践してみてください。
    これからも内田さんに役立つ記事を更新していきますので、
    今後ともよろしくお願い致します。^^

    2013年5月16日 10:03 | Marty

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: https://happy-hypno.jp/blog/wp-trackback.php?p=166

  • 無料!あがり症改善メール講座

    あがり症を改善するためのメール講座を
    10日間にわたって、無料でお届けしています。

    「あがり症を改善したい」という方は、
    こちらからご登録ください。

    詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

    ※携帯電話のメールアドレスは、
    今まで届いていたのに突然届かなくなる
    ということが多数発生しています。

    お申込みの際は、できる限り、
    携帯電話以外のメールアドレスで
    お申込みください。

    メールアドレス

    お名前(姓のみ)




  • プロフィール

    Picture
    ・あがり症専門の話し方教室®
     「Happy-Hypno.jp」代表
    ・あがり症専門心理カウンセラー®
    ・慶應義塾大学 理工学部卒
    ・日本メンタルヘルス協会公認
     基礎心理カウンセラー
    ・国際催眠連盟(IHF)認定インストラクター
    ・国際催眠連盟(IHF)認定
     Medical Hypnotherapy Specialist
     (医療的催眠療法の最高峰の資格!)
    ・Toastmasters International 2011秋期全国大会
     日本語論評スピーチコンテスト 準優勝

     詳しくはこちら
  • 最近のコメント・トラックバック

  • * RSS FEED

  • ブログランキング



    1日1クリック
    いつもありがとう
    ございます。^^
  • 最新の記事

  • テーマ

  • カレンダー

    2019年1月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 月別